太陽光発電10kW以上の売電価格について

2019.03.25今後の電力事情

太陽光発電10kW以上の売電価格について

  1. 太陽光発電10kW以上の売電価格について

こんにちは!
スリーイノベーションです(^^)


2019年の事業用太陽光発電(10kW~500kW未満)の売電価格が14円/kWhに決定したことが発表されました。

この売電価格は今年度に10kW以上の太陽光発電を設置した方が対象となります。
(10kW未満設置の今年度売電単価は24円)


2015~2018年の売電価格が年ごとに2~3円ずつ下落してきたことと比べると、1年で4円下落したインパクトは大きく見えます。
しかし、売電価格が下がっているのは、太陽光発電システムの導入に必要な費用が安くなっているからでもあります。確かに売電による収入は減ってしまうかもしれませんが、必要な費用も減っています。

したがって、「売電価格が安くなったからといって、必ずしも儲からない」というわけではないのです!


メーカーや設置規模などの諸条件によっても異なりますが、太陽光発電に必要な費用は平均10年程で回収されます。10kW以上のFIT期間は20年なので、残る年数は利益を積み上げることとなります。
つまり、長期的に見て収支はプラスになる可能性が高いのです!



例えば・・・
広い屋根をお持ちのご家庭やご自宅に大きな庭をお持ちのご家庭、あるいは土地が余っているご家庭では、全体のシステム容量を10kW以上で設置することが可能です。
そうした場合、余剰売電と全量売電の両方を選ぶことができます。
売電価格は余剰売電と全量売電も同じですので、ご家庭の合わせて選択をすることが出来ます。

2019年に申請した場合は、1kWあたり14円の買取価格で、それが20年間続くことになります。



初期投資が少なければそれだけ元を取れるまでの期間が短くなりますし、
設置費用が高ければそれだけ元を取るまでに長くかかってしまいお得感が得られません。

今まで計算したけど他社でメリットが出なかった、今付けてもメリットが出るのか不安、、、
ご安心ください!

スリーイノベーションでは、 お電話で期待できる経済効果や 太陽光発電の向き不向きなどの概要をお伝えします。

スリーイノベーションまでお気軽にご相談ください。
まずは、お気軽にお電話・お問い合わせ下さい。

☎ 0120-130-591
お問い合わせは コチラ


さらに詳しくお知りになりたい方は、無料出張診断をおすすめします。

お電話だけでは分からない、 導入メリットをシミュレーションいたします。
そのシミュレーション結果を元に是非ご検討下さいませ。


こちらの記事も参考にしてみてください☆
2019年太陽光発電について